Sさん

短期業務委託スタッフ

INTERVIEWS

Sさん

受付・インフォメーションスタッフ

一年間、ずっと楽しい。
「やればできる。」を
実感する毎日。

京都鉄道博物館の受付・インフォメーションスタッフとしてオープニングから勤務開始。変化する環境の中で、常に工夫し、成長を実感する日々。

学生後、1年間フリーターを経験。そろそろ安定した仕事を…と求職活動を行う。一番の希望は「接客業」「受付」の職種であるということ。黙々とこなす仕事より、人と話すことや、テキパキと忙しい中で働くことが自分には合っていると思っていた。そんな中、自宅からも通いやすい、『京都鉄道博物館』のインフォメーションを見つけ、応募。初めは敬語も話せるか不安だったが、先輩のマネをするうち「やればできる!」と思えるように。今ではオープニングメンバーとして自信を持ち、いきいきと働いている。

一日フル稼働になるくらい、色々な業務があるのが楽しい!

一日フル稼働になるくらい、
色々な業務があるのが楽しい!

ーディンプルにお越しになったきっかけを教えて下さい。

S:

1年間フリーターをしていて、そろそろ安定した仕事を探さないと…と思っていたんです。もともと人と話すのが好きで、黙々とこなす仕事よりは、お客様と話す仕事がしたいと。インターネットで求人検索をする際は、「接客」「受付」の職種で探して、その中で自宅から通える範囲のものに…と考えていました。
その中で、『京都鉄道博物館』のインフォメーションを見つけたんです。新しい施設ということにも惹かれましたし、私は仕事の経験があまりなかったので、未経験でもしっかり研修があるということにも魅力を感じました。
ディンプルとはその際に初めて出会ったので、不安もありましたが、今では選んでよかったと思っています。

ー仕事内容はイメージと違いましたか?

S:

インフォメーションというと、お客様と接客して、それ以外はただ立っている。そんなイメージでした。私は、じっと待つのが苦手な性格なので不安でしたが、そんなことはありませんでした。
京都鉄道博物館は受付と言っても業務が幅広いんです。例えば、入口でチケットの確認や、団体のお客様の対応、展示している電車についてのお問い合わせ対応や、また、駅に立って切符の買い方を一緒にご案内したり…。本当に色んな業務があるんです。一日のうちで暇になる時間がほとんどないくらいです。
一日、フル活動できるので、すごく楽しいですね。

「この場合はこうしよう、次はああしよう。」自分たちで考えて実践していける環

「この場合はこうしよう、次はああしよう。」
自分たちで考えて実践していける環境

ーこの仕事にして良かったと感じることは何ですか?

S:

私はオープニングスタッフだったので、はじめ、何もない状態から「自分たちで創り上げていく」というのが良かったですね。
あらかじめ決められたことに従うのではなく、「この場合はこうしよう、次はああしよう。」と自分たちで考えて実践していけることが楽しいんです。オープニングの醍醐味ですよね。
運用に関しても、オープン時と現在では、全然違うんです。常に変化していて、1年間、ずっと楽しいです!自分の意見を言える環境がありますし、考えたことが活かされたときはとても嬉しいですね。

ー職場の雰囲気はどうですか?

S:

20~40代までの幅広い年齢層の方が勤務しているのですが、みんなプライベートでも仲がいいんです。オフでもご飯に行ったり、出かけたりしていますよ。
優しい先輩が多く、仲のよさに入って来た新人さんも驚くくらいです。本当に風通しのよい職場で、それが私がこの仕事を続けたい理由のひとつでもありますね。

お客様からの感謝のお手紙に感激。改めて丁寧な接客を心がけたいと思った出来事

お客様からの感謝のお手紙に感激。
改めて丁寧な接客を心がけたいと思った出来事

ーお仕事の中で、嬉しかったエピソードはありますか?

S:

以前、再入館できるチケットを紛失されたお客様を対応させて頂いたときのことです。
本来はチケットがなければ入館できないのですが、一度入館したことが確認できれば再入館OKということで、写真などをお撮りし、私が対応させて頂きました。
結果、再入館することができ、その際、何度も頭を下げてお礼を言われ、それだけでもやりがいを感じましたが、後日、その時に撮った私の顔写真と一緒に、感謝のお手紙をくださったんです。涙が出るほど嬉しかったですし、やっていてよかったと心から感じました。これからも一人一人丁寧に接していきたいと思わされる出来事でした。

ーでは逆に、これは大変だった!と感じるエピソードはありますか?

S:

入社当時、業務が多岐にわたるので、とにかく覚えることが多いのには苦労しましたね。
でも、負けず嫌いな性格なので、一度失敗したことは二度としたくない!という思いで頑張れました。笑

休み希望が重なった時は、先輩後輩関係なくジャンケンで決めます(笑)(画像01)

休み希望が重なった時は、先輩後輩関係なく
ジャンケンで決めます(笑)

ー研修のスケジュールと内容を教えてください。

S:

まず先輩と館内を全て見て回って(3時間弱)、全ての施設に関しての説明を聞きます。
内容を把握したら、次にインフォメーションとしての基本の動作や、立ち振る舞いを学びます。その後、各ポジションに2日ずつ実際に立って勉強していきます。
15日間ほどで研修は終了です。この15日間は必ず先輩とマンツーマンで行動するので、1人になることはないです。
その後は、実際にメンバーとしてデビューです!早い方は、研修中にデビューする人もいますね。でも、1ヶ月で大体みんなできるようになっていますよ。

ーシフトの融通は効きますか?

S:

月に2回の休み希望と2日の短縮勤務の希望が出せます。
もし休み希望が重なった時は、先輩後輩関係なくジャンケンで決めます(笑)。公平に決めているので、不満には思わないですね。

ーストレス発散方法や、お休みの日の過ごし方を教えてください

S:

仕事のストレスはあまりないんですよね。
ただ、海外のお客様が多くて、時には来館者の8割近くになることもあるんですが、英語が話せなくてストレスに感じることはあります。なので、休みの日は英語の勉強をしています。
来館者は中国の方が多いのですが、英語なら通じるので。

ー京都鉄道博物館ではどんな方を求めていますか?

S:

向上心を持って勤務できる方がいいですね。ベターを求められる人。
覚えることが多いので、大変なこともあるんですが、頑張っていこう!と、前向きに思える人を求めています。

ー最後に一言…お願いします!

S:

本当に、本当に楽しい職場です。研修もしっかりしているので、安心してスタートできますよ。ぜひ検討して頂きたいです。

京都鉄道博物館

京都府京都市下京区観喜寺町に、2016年4月29日に開館した鉄道博物館。 20両の蒸気機関車を含めた、53両の車両を収蔵・展示しています。 車両をみるのはもちろん、実際に鉄道関連機器にさわったり、蒸気機関車の体験乗車など、大人から子どもまで楽しめる施設が充実しています。