白川 仁美さん

紹介予定派遣

INTERVIEWS

白川 仁美さん

総務事務

自身が望んだ職場で
認められて働く喜び。

大手小売業の運営管理・総務部の正社員として10年間勤務。ご結婚を機に退職。
その後、SC運営会社テナント管理の事務職をアルバイトでご経験。

オフィスワークは縁の下の力持ち。
ひとりひとりの高いスキルが会社を支えるという自負心を。

ライフスタイルに合った勤務地で

「当時、自宅から通いやすい梅田エリアで事務職を探していたのですが、自分ではなかなか見つけられませんでした。そんなとき同僚に相談したところ、ディンプルで派遣登録をしてみたら?と勧められて、電話で応募したのがきっかけです。

それまで派遣の仕組みについてほとんど知らなかったのですが、はじめにきちんと説明を受けました。その後、PCスキルのチェックを受けました。これまでの職歴や資格などについてもしっかりと把握していただいた上で、私の希望や条件をきめ細かく聞いてもらい、その場でいくつか事務のお仕事を紹介してもらったのですが、勤務場所が本町と心斎橋だったので、ちょっと遠いな・・・どうしようかなと迷いました。 次の日、電話があって紹介予定派遣の事務職で私の希望どおりの梅田での紹介を受けました。お仕事の詳細をきいて働いてみたいって即答しました。」

ディンプルは緊張しやすい私の大きな味方

「面接に自信がもてなかったので、ディンプルの担当の方に相談したところ、面接の心構えや自己アピールについてきめ細やかにアドバイスしてくださいました。

その結果、質疑応答のイメージも描くことができ、緊張しやすい私にはすごく嬉しかったんです。おかげで本来の私自身をアピールすることができたと思います。」

私の能力を認めていただいたと実感!

「紹介予定派遣なので、職場の雰囲気や仕事内容が自分に合うかどうか、しっかりと確かめてから社員として採用していただくことができました。

紹介していただいたのは、大手アパレルメーカーでの一般事務。各店舗への調整業務やシフト勤怠管理、売上集計などパソコンでの処理業務と書類作成が主な仕事でした。

派遣スタート後も業務内容を丁寧に教えていただいたので、無理なく仕事を覚えることができました。職場の雰囲気が良く、みなさんがとても親切だったので、ここでずっと働きたいとお返事しました。ディンプルの担当者の方から“契約社員での採用が決定しました”と聞いた時はとても嬉しかったです。実際に働く私の能力を認めていただけたと実感しました。」

認められたからこそ強まる責任感

派遣から紹介企業の雇用に切り替わってから、白川さん自身にも変化が。

「責任感が強まりましたね。私の能力を認めてくださった、その期待に応えたい、会社に貢献できる存在になりたいと意識しました。今では結構頼りにしていただけるようになったのかなと?思います。“白川さんに聞かないとわからない”と言っていただけるようになりました。 知識が深まって、全体視野で仕事ができるようになったことも大きいです。私も少し自信がつきました。」

もっとキャリアを積んで先を目指したい

「現在は請求書の発行や、取引先からの問い合わせなどを担当するほか、社員の福利厚生の加入手続きや管理も任せていただいています。経理関連に携わることができて、簿記2級の資格も活きてきました。

今後はもっと幅広く担当して経理や総務事務のキャリアを積んでいきたいと思います。」

会社帰りにジムで身体を動かしてリフレッシュ

「時期によりますが、ほぼ毎日定時に帰ることができます。9時から17時30分の固定時間、固定休日の勤務なので、週に2、3日は平日の仕事帰りにスポーツジムで1、2時間汗を流しています。終日パソコンに向かっている仕事なので、身体を動かしてさっぱり、スッキリ。こうやってリフレッシュすることも自己管理ですよね。」

スキルと正確さ、そして責任感

「自分が担当する仕事は正確さと期日までに確実に処理する能力が求められていると思います。“もしミスをしてしまうと、その次の部門担当の方に迷惑をかけることになって、会社全体に影響する”と常に意識して仕事をしています。来客や電話の対応など基本的なビジネスマナーはもちろんですが、一般常識力も大切だと思います。また職場で一緒に働く方々との協調性やまわりへの気配りはどんな職場でも求められることだと思います。会社の一員として協力する姿勢とかは大切なことだと思います。」