宮原 茉由子さん

派遣スタッフ

INTERVIEWS

宮原 茉由子さん

アクセサリー販売スタッフ

家庭や友達との時間を
大切にしながら、
大好きなブランドで
お仕事ができる!

大手アパレル会社の正社員として8年間販売職勤務後、ご結婚を機に退職。ディンプルの派遣スタッフとして、ご希望の勤務地・ブランドの販売職でキャリアを再スタート。現在はご家族とお仕事との両立のため、月12日の勤務でご修業中。

家庭も大切だけどお仕事も続けたい。
願いが叶う環境がここにありました。

ディンプルで大好きなブランドを発見!

宮原さんがディンプルに登録したのは、インターネットで大好きなブランドの求人広告を見つけたのがきっかけ。

「はじめて派遣会社に登録しようと思ったときに、まずはインターネットで検索しました。その中に私の大好きなアクセサリーブランドの募集があって。“絶対ここで働きたい”って思いました。すぐに電話しましたね。それがファッション関係の求人に強いディンプルだったんです。」

アパレルからアクセサリーへのキャリアチェンジ

「不安がなかったというとウソになりますね。私が働いているブランドでは、アクセサリーの販売経験を持ってらっしゃる方が多いと聞いていましたから。でもどうしてもこのブランドで働きたかったんです。アパレル販売との違いはゴールドやプラチナ、石など素材の知識が必要なこと。マリッジとエンゲージで素材やデザインも違うんですよ。」

アパレル販売で培ったキャリアが活きたこともあったそうです。

「以前勤務していたアパレルブランドと今のアクセサリーブランドはテイストや世界観が近いので、お客様のコーディネートを見ると好みがなんとなくわかるんです。前職のときにお世話になったお客様が来店してくださるのもすごく嬉しいですね。」

私らしい働き方でON・OFFにメリハリ

私らしい働き方でON・OFFにメリハリ

「派遣スタッフは、仕事の範囲が明確なのでいいですね。勤務時間中は大好きな販売だけに専念することができます。

以前よりONとOFFの切り替えがしやすくなり、気持ちにメリハリがついてきました。休日もお仕事も心から楽しめています。お仕事の日は“さぁ、今日は頑張るぞ!”っていう気持ちが自然とわいてくるんです。

見られるお仕事なので、立ち居振る舞いや身だしなみにも力がはいります。」

選べる働き方

「フルタイムで働いていたときはなかなか家事をこなしきれなくて。主人に申し訳ない気持ちがありました。 “結婚しているんだから、お家のこともちゃんとやらなきゃ”という想いが日に日に強くなって。それでディンプルの営業担当の方に相談してみたんです。

そしたら先方と交渉してくださって、月12日の勤務で、ということになりました。勤務日数がかわったことで余裕のある毎日をすごせるようになりました。

無理なく働けるっていいですね。今では主人の食事のカロリーもしっかり計算しています(笑)。」

主人や家族との時間が充実

「プライベートの時間が増えたので本格的にネイルの勉強を始めました。ずっとやりたくても時間の都合で出来なかったんです。

海外旅行にも行けるようになりましたね。最近グアムと韓国に行ってきました。次はオーストラリア旅行を計画中です。

あと、お互いの両親が遊びに来てくれたり、電話で話す機会が増えましたね。フルタイムで仕事をしていると留守にしている時間が長かったですから。」

ディンプルだから安心してお仕事ができる

ディンプルだから安心してお仕事ができる

「他の派遣会社で働いた経験はないんですけど、ディンプルはずっと同じ方が担当してくださって、すごく安心感があります。今のお仕事のペースは私の生活にピッタリフィットしてますね。

正社員で働いていたときは接客以外の雑務がとても多かったんですが、今は接客販売に集中できる環境です。プライベートを犠牲にせずに仕事に打ち込みたい人には絶好の条件ですよね。

今の職場は男性のお客様がプレゼントとしてアクセサリーをお求めにいらっしゃることもよくあります。これまで男性のお客様の接客はしたことがなかったのですが、メンズブランドのお仕事にも興味がわいてきました。」