採用担当者の目に留まる職務経歴書の作成ポイント(職種別)

未経験の方(アルバイト・派遣からの転職)

  • アルバイトリーダーなどの経験は、なぜ選ばれたかの理由も踏まえて記載しましょう
  • 経験がない場合は「なぜ志望するのか」という「やる気」や「意向」を記載しましょう
  • 成果を数字で記載できないときは、「どんな想い」を持って業務を行っていたかを記載しましょう
  • お客様からのお褒めの言葉があれば記載しましょう

アルバイトや派遣で就業していた場合は、「働くということについてどのような考えを持っている人か」という部分を見られます。与えられた目標に対する成果が記載できればベストですが、記載できない場合は、「努力できる人間である」ということをアピールしましょう

ワンポイントアドバイス

  • アルバイトにおいては本来は職歴となりませんが、職務経歴が少ない場合はアルバイト経験も記載しましょう。

派遣会社での就業の場合は株式会社◯◯【派遣元(派遣会社)】勤務(派遣先:株式会社●●)というように派遣会社名を記載しましょう。

業務内容については文章で書くよりも箇条書きで端的に記載するほうが好まれます。

アルバイトなどでの教育経験がある場合は教育人数や、なぜ教育担当になったのか、どのような想いで仕事をしていたかもあわせて記載しましょう。

【職種別】職務経歴書の作成ポイントとサンプルダウンロード

業界・職種別によって、おさえるべきポイントや職務経歴の内容の記載方法は異なります。
採用担当者の目に留まる「効果的な書き方」ポイントを職種別に解説し、ダウンロード出来るサンプルをご用意しております。