【第3回】 笑顔でていますか

笑顔は世界の共有言語

誰だっていい笑顔で接してもらえたら、気持ちがいいし、嬉しいですよね。なかなか自分では気づかないものですが、何も意識していない無表情な顔は怖ささえ感じさせることがあるぐらいです。

勘違いしてはいけないのは「いい表情」や「いい笑顔」というのは、最初は意識してはじめてできるものであるってこと。そのためには常日頃からの努力が必要です。

「自然でいい笑顔」が常にできるようになれば、あなたもきっと誰からも好かれる存在間違いなしです。いつも微笑んでいるような「いい笑顔」づくりのポイントは

「目は口ほどにものをいう」ということわざもあるとおり目は意思を表わし、表情のキーポイントとなります。目線は自然に、力を入れず、微笑を浮かべるつもりで、相手に向かい合いましょう。
口は感情を表わすといわれており、口の両端が下がっていると不満げに見えます。そうならないためにも口の両端を引き上げましょう(口角を上げる)

何といっても微笑は世界共通の挨拶言語。さあ、あなたも鏡に向かって満面の微笑をたたえる訓練をはじめませんか。

img