内定・退職・入社

内定後・退職までの基本の流れ

内定後は上司への報告や各種手続き続き、他に応募していた企業への辞退連絡など、やるべきことがたくさんあります。「辞め方」「辞めるタイミング」は転職の成功・失敗を左右するともいわれ、退職後の転職活動でも、辞め際のふるまいで悪い評判が立ってはせっかく築いた人脈を失ってしまうこともあります。転職を確実に決めるためにも円満退職を心掛けましょう。

  • 1
    内定
  • 2
    2カ月前~
    退職の意思表示
  • 3
    1カ月前~
    退職日の相談・退職届の提出・引き継ぎ
  • 4
    1週間前~
    退職の挨拶
  • 5
    退職

STEP.1 内定・内定受諾

内定通知が届いたからといって、転職活動は終わりというわけではありません。別の企業の選考が残っている場合など、内定先企業と正式な回答日を調整しましょう。企業によっては、書面での取り交わしを求められることもあります。入社するにあたり、採用担当者に今後の予定(退職日交渉の日程・入社予定日など)を伝えましょう。事前に今後のスケジュールを立てておくと、現職の上司ともスムーズに話し合いができます。

STEP.2 退職手続き

退職の意思は、まず直近の上司に報告しましょう。退職を希望する時期などによっては、後任者が見つからなかったり、担当している業務の引継ぎに時間がかかる場合など、やむを得ない場合もあります。円満退職を目指すのならば、会社の都合を考慮した余裕ある予定を組み、退職日は余裕を持って設定するようにしましょう。

STEP.3 退職準備

後任者に引継ぎを行うにあたり、何を引き継ぐか、どのように引き継ぐかを考えた上で上司に相談しましょう。後任者がいる場合は一緒にひと通りの業務を行いましょう。十分な期間を設けて、最後までフォローしてあげましょう。退職のあいさつに関しましてはメールで送ることが一般的です。 しかし、社内外を問わず、お世話になった方には直接あいさつに伺い、気持ちよく今の職場を去るようにしたいものです。

STEP.4 転職先への入社前に必要な手続き

転職先の企業から指定された書類の提出準備ができるているかを確認しましょう。一般的には、雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収票の提出を求められることが多いですが、その他に必要な書類がないか、事前に人事担当者に確認し、入社前日までに準備しましょう。また服装にルールを設けている企業も多いので、初出勤時の服装は人事担当者に事前に確認しておくとよいでしょう。事前に確認がとれなかった場合には、スーツを着用してくことが無難です。また、入社当日の遅刻は厳禁です。前日までに新しい会社までの所要時間を確認し、通勤ラッシュや乗り継ぎのも考慮に入れるなど十分余裕をもって出社しましょう。

ディンプルは、アパレル・販売業界出身の
経験豊かなコーディネーターがあなたをサポート!!