面接対策|転職成功ガイド

一次面接から最終面接までの流れ

転職における面接回数は1回から3回が多いようです。一般的に一次面接は人事担当が担当し、基本的なビジネスマナー言葉使い、転職理由や志望動機を確認することが多いです。志望動機では長々と伝えるのではなく、話の要点だけ伝えることを意識して長くとも2分以内に収めましょう。

ニ次面接になると面接官の年齢層が上がり、30代から40代の人事部の中堅社員や現場職の責任者が面接官を担当します。聞かれる質問は基本的に一次面接と同じですが、さらに深堀りされたり、より踏み込んだ質問を聞かれます。一次面接で答えた内容を整理しておくと同時に企業分析をし、質問に備えましょう。

最終面接の面接官は役員や社長などの重役が多いです。会社の風土に合っているか、事業方針に合っているかが確認されます。熱意を持って、伝えられるように万全の準備で臨みましょう。

  • 一次面接
    面接官:人事担当など
    人事担当が担当し、ビジネスマナー言葉使い、転職理由や志望動機を確認することが多いです。基本的なことを聞かれることが多いのでしっかり準備しておきましょう。
  • ニ次面接
    面接官:人事部の中堅社員や現場職の責任者など
    経験やスキルについて詳細を確認されます。一次面接で答えた内容を整理しておくと同時に企業分析をし、質問に備えましょう。
  • 最終面接
    面接官:役員や社長などの重役など
    事業方針に合っているかが確認されます。熱意を持って、伝えられるように万全の準備で臨みましょう。

服装について|女性のスーツの例

女性のスーツの例の写真

スーツ、パンツスーツ、上着

シンプルで清潔感のあるデザインのものが良いです。色は黒や紺、グレーが一般的。白やビビットな色のものは避けた方が良いでしょう。派手過ぎず、かつリクルートスーツっぽくならないことが重要で、ボタンは必ず留めるようにしましょう。ただし、三つボタンなら真ん中のみ、二つボタンなら上だけ留めるようにしましょう。卒時のリクルートスーツは「新人」「頼りない」という印象になりかねないので避けたほうがよいでしょう。

ボトム(パンツ、スカート)

スカートの場合は膝丈にしましょう。膝の真ん中から少しだけ上に来るくらいが最も綺麗に見えると言われています。パンツの場合はヒールの付け根よりも数ミリ下に裾がくるくらいがちょうど良い長さです。パンツでインナーをタックインする場合は、靴と同色のベルトの着用がよいでしょう。

インナー

シャツ、ブラウスは白か淡いパステルカラーで透け感が少なく、かつ第1ボタンを外したときに胸元が開きすぎないものを選びましょう。カットソーやニットを着る場合も、同様に胸元が開きすぎないものを選びましょう。

ストッキング、タイツ

肌の色に近い無地のベージュが原則です。タイツや装飾入りのタイプはスーツに合わないため避けましょう。

靴、ヒール、パンプス

シンプルな黒のパンプスがベストです。スーツとのバランスを考えると、ヒールの高さは5~7cmくらいがスーツに合ってきれいに見えます。サンダルやミュールは避けましょう。

かばん、バッグ

もらった書類を折らずに収納できるようA4サイズが入る大きさで、床に置いたときに自立するものを選びましょう。材は革でもナイロンでも構いませんが、できれば靴と同じ色のもの、難しい場合は黒が良いでしょう。

ディンプルは、アパレル・販売業界出身の
経験豊かなコーディネーターがあなたをサポート!!