転職活動の進め方

転職活動の進め方について

「転職を決断したけれど、具体的に何から始めればいいのか分からない」「現在の会社の仕事が忙しく、思うように転職活動ができない」など、転職を決意した後も、求人探しや、履歴書・職務経歴書作成、面接、退職と様々なハードルが待っています。余裕を持って転職活動を行うために、事前準備をしっかり行い転職活動全体の流れを把握する事が大切です。

内定までの目安:平均1~2ヶ月
  • 1
    事前準備
    まずは転職活動を行うにあたり「仕事のやりがい」「仕事の内容」「給与の高さ」「労働時間の自由さ」「勤務地」「福利厚生」など転職の目的を整理しましょう。
  • 2
    情報収集
    ディンプルのホームページで求人を探してください。気になるお仕事があれば職務内容など詳細をご案内いたしますので、ぜひご相談ください。
  • 3
    書類作成・応募
    履歴書、職務経歴書を作成してください。ディンプルへご登録いただくと企業への提出前に無料で記述内容に関するアドバイスや、応募書類の添削を受けることが可能です。
  • 4
    面接
    応募されたい企業が決まったら、ディンプルから企業に推薦します。面接対策はもちろん、面接日の調整や条件交渉などもディンプルが行いますので、転職理由や志望動機など、想定される質問に対して一緒に準備し、面接に臨みましょう。
  • 5
    内定・退職・引き継ぎ
    入社日の調整、円満退職のための手続きのアドバイスなどもフォローいたします。

転職成功のための自己分析

自己分析とは

転職活動では、履歴書や職務経歴書といった応募書類や面接などで、あなたの強みを企業に伝える必要があります。また、「給与」「休日」「ワークライフバランス」などといった条件面だけで転職を判断するのではなく、自己分析によって導き出された「自分の強みを活かせる仕事」という観点も転職活動に加えることによって、転職後に活躍できる可能性や満足度は高まります。

また、「どんな仕事でどう成長したいのか」、あるいは「どんな企業のどんな職種を目指すべきか」といった道筋もより描きやすくなり、自己PRや志望動機に深みが生まれ、面接での質問や受け答えにぶれがなくなって説得力が生まれます。

自分の強みを引き出す

これまでのあなたの経験、知識を「対人力」「自制力」「対課題力」という3つの観点で書き出してみます。その後、キーワードを参考に、主業務、主業務以外で「求められていたこと」「身に付けたこと」「大切にしていたこと」「心掛けていたこと」「やりがい」「楽しかったこと」などを個条書きで書いてみると、自分の強みが言語化できます。

1 Step.1

対人力
  • 親しみやすさ
  • 気配り
  • 素直さ
  • 誠実さ
  • 真面目さ
  • 約束を守る
  • 人に働き掛ける力
  • 協調性
  • 指導力・育成力
  • 対話力
  • 理解力
  • 調整力・交渉力
自制力
  • 忍耐力
  • 継続力
  • 実行力
  • 集中力
  • ストレス耐性
  • チャレンジ精神
  • 前向き
  • 学ぶ姿勢
  • 我慢
  • 責任感
  • 情熱
  • 柔軟性
対課題力
  • 論理的
  • 課題発見力
  • 企画力
  • 提案力
  • 計画力
  • 想像力
  • 正確さ
  • 早さ
  • 計算能力
  • 器用さ
  • 体力
  • 問題解決力

2 Step.2

キーワードを参考に、主業務、主業務以外で「求められていたこと」「身に付けたこと」「大切にしていたこと」「心掛けていたこと」「やりがい」「楽しかったこと」などを個条書きで書いてみましょう。強みを言語化してみると、仕事への自信にもつながります。あなたがこれまで行ってきた経験から、強みを導き出してみましょう。

3 Step.3

Step.2で個条書きしたことを示すような、具体的なエピソードを書いて整理してみましょう。応募書類に記載する自己PRや、面接時の受け答えに役立てることができます。